忍者ブログ

情報系専門学生の奮闘日記

このブログでは、情報系(主にweb)の専門学生のkとmが日々の勉強や気になったことなどをまったりと記録しています。(趣味全開な記事もあります) 今そういった学校に通っている方や、これから情報系を目指そうとしている方に、少しでも役に立ったり共感してくれたりしたらいいなーと思っています。 きっと同じ目線での記事になっていると思うので、よかったらゆっくりみていってくださいm(__)m

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

基本情報技術者 午前免除試験 攻略

こんにちは!kです

基本情報技術者 午前免除試験


mと受けてきました!!


この午前免除試験は合格すると1年間基本情報技術者試験の午前中試験が免除されるって言う制度で、先にこれを突破しておくことでのこりの時間を午後試験対策に集中することができます。


そんな午前免除試験。出題範囲は基本的に過去問からで直近約5年分から大体は出題されます。
それに別で他の年からの出題があって合計80問の試験になります。


直近5年だと、1年に2回試験があるので10回分。800問ですね。これをほぼ全て答えられるようになっていれば苦労せずいけるとおもいます。


幸い二人はITパスポートを持っていたので思い出しながら覚え直すくらいで済んだので、そこはすごく有利だったかなと思います。


勉強には主に参考書1冊と、過去問道場というサイトをつかいました。

過去問道場

参考書に関しては自分が一番分かりやすいと思ったものでいいと思います。


参考書を数回読んで頭にいれます。そうしたら過去問を解いていきます。このサイトは問題について解説も出ます。間違えた問題は自分で参考書からそのワードの周辺の話を探し、それをノートにまとめます。


これを繰り返していくと、かなり点数が上がってくると思います。社会人の方はマネジメントなどの分野方が比較的簡単に感じるかと思いますが、学生に関しては経営などに馴染みがないのでイメージが沸かずに苦労するかもしれません。


僕の場合ですが、自分のあたまのなかにひとつ会社を作ってみるとイメージしやすくなりました。

基礎理論の分野は得意不得意が人によってすごく別れるかと思います。これは参考書を読みこんで理解するしかないです。


ただitパスポートとは違い各分野何点以上といった条件はなく、全体で6割とれればいいので、得意分野を伸ばしてどうしてもわからないところは捨てるのもありです。


自分は公約数を求めるアルゴリズムの判断条件なとが苦手でやれてないです。。


そして昨日結果発表だったのですが、k,m共に80点代をとり無事合格でした!


この後の午後試験は10月なのでそれに向けて今度はプログラミングの対策授業が今度から始まります。。

難しいらしいのでいまから怯えてますが、。


それまでに2つくらいとりたい資格もあるので、企業とのインターンシップなどと平行しながらこれからまた頑張っていこうと思います!


それではまたノシ


ワンクリック!応援お願いします!
PR

アイコンだけを変えるアプリ

どうもmです! 今回はアプリを紹介したいとおもいます!

~アイコンだけ変える方法~

 今回私が紹介するのはこちらのアプリCocoPPa(ココッパ)↓
こちら

このアプリの利点

独創的なアプリを作れることが利点です。なので自分の好きな背景にあった
アイコンが作れるところが強み 自分で作れなくても他人が作ったアイコンをダウンロードして
好きなアイコンを設定することも可能なアプリです!

みなさんインストールしてはいかがでしょうか!? 以上管理人mでした!
※作り方は次回!



ワンクリック!応援お願いします!

お久しぶりです。。

お久しぶりです!kです!



更新相当空いてしまって申し訳ないです。。


最近は専門学校に入学してmと一緒にひたすら国家資格の勉強をしてますorz




なんの資格かっていうと基本情報技術者試験っていう国家資格なんだけど、これを持っていると持っていないとでは結構情報処理系の就職のしやすさが変わってくるみたい。。


って情報を聞いて取ろうってなったんだけど、先輩曰くweb系に関して言えばそこまで重要ではないみたい。



まあただないよりはある方が絶対いいと思うし、そこでつけた知識ってのはきっと今後活きてくると思うから二人で頑張ってます!


そんでもってこの資格、情報系の国家資格の中では中間くらいらしくてこの資格の下にITパスポートっていう入門みたいな資格があるんだけど、今mと二人ともこれは高校のうちにとっちゃったんだよね。



これから目指そうって人、ITパスポート持ってると午前中の問題の勉強がすごくしやすいからとっておくべきだと個人的に思います。



その上に応用情報もあるんだけど、一応Webデザインをやっていくからそこまでは不要かなーと思ってます。(ていうかいける気がしない)



うちの専門では基本情報の午前免除試験てのがあってそれがなんと明日なんだよね。。
この一ヶ月間ずっとそれに向けてひたすら勉強してました^^



明日この一ヶ月の成果が出るといいなあ。。




ちなみにmくん明日の試験が終わったら髪の毛をグレーにするみたいです。僕は今白に近い金髪です^^


デザイナー志望なのでweb科の子はみんなおしゃれ。意識高めていかないとね笑



それでは明日頑張ってきます!!


ワンクリック!応援お願いします!

年の瀬ですね。。

あああああああああ

もう年の瀬だよ。。早いよ。。

ちょっとテストや資格の勉強で忙しくって、更新が遅くなってしまいました汗

さあさあ年の瀬ということで学生諸君に待っているものはなんでしょうか?

クリスマス?。。。死ね

お年玉ですよお年玉!一年に一回の大事な収入です。

そこで僕がまだ持っていない方にお勧めしたいものがあります。

それが「ゲーミングパソコン」です。

高いと思っている方、意外と無料ゲームやるくらいだったら安く作れるんですよ。

ちなみに僕も制作代行やっているので、無料のお見積りをいつでもさせていただきます。

実はパーツの値段にも波があって、今一時期の半額でメモリが買えるので、実は買い時だったりします。

来年の秋にはBF5が控えてますねぇ。。

僕もどこかでスペック強化しておかないとな。。


それではまたノシ
ワンクリック!応援お願いします!

おすすめの最安入門ゲーミングモニター

ようやく2連勤が終わったよ、とほほ。。

さてさて突然ですがみなさん画面は何をつかっていますか??



家庭用ゲーム機のひとはテレビかもしれませんし、デスクトップの人は普通のモニターかもしれません。当たり前にそれでゲームをやっていると思いますが、本当に満足ですか?



実はゲーミングデバイスは総じて低遅延なようにできています。それはなぜか。
0.01秒の遅延が本当に成績に影響してくるからなんです。


例えば対戦相手が遅延の少ないモニターを使っていて、自分が遅延の大きいモニターを使っていたとしましょう。


するとどうでしょう。遅延のせいであなたが見ているよりも未来の画面を相手はすでに見ているという現象が起きます。見えたかな?と思ったら敵はすでにこちらに撃ち始めているなんて風に。
これ、アンフェアですよね?


そんな事態を引き起こさず、むしろ普通のモニターのプレイヤーよりも早く画面をみて打ち勝つ。
そんなために生まれたのが「ゲーミングモニター」です。
 
  
       ↑画像はイメージ




そんなゲーミングモニター、前に紹介したように120hzや144hzなど高性能なものは数あれど要求スペックが高かったり、ゲームがフレームレート固定だったり、家庭用機だったり、値段が高すぎたりで。買えない、十分に恩恵を受けれないという人もとても多いと思います。


そんな中Benqという会社が安くて低遅延、必要十分なモニターを発売しました。


今回紹介するモニターは60hzのモニターで、120hzなどのモニターと同じ0.1msという低遅延を実現しています。
なので家庭用ゲーム機で遅延を減らして勝ちたい。PCゲ~だけどそこまで性能が上げられない、そこまで必要じゃない。そんな人にピッタリだと思います。


ちなみに甘楽も2台所有していて最初の1台もこれで、2つとも現役で働いてくれています。


このモニター低遅延なくせに上位ゲーミングモニターよりきれいなIPSパネルという液晶を使っていて、色も鮮やかだし視野角も広いです。


そして意外とみんなが着目しない機能。「フリッカーフリー」が搭載されています。


フリッカーというのは目に見えないバックライトの点滅のことで、これがかなり目を疲れさせるんですよ。ゲーマーは目が命ですから。


こいつはそのフリッカーがない優秀なモデルです。


価格も上位モデルと比べ1~2万ほど安いです。コスパ最高ですね。だから二台も買うんだけども。


スピーカーも内蔵なので、イヤホンはせずに気軽にやりたいと思ってる人も大丈夫です。まだ液晶テレビでゲームしてるあなた、そこからさらに強くなりたいあなた。

ぜひ一回使ってみてください。HDMI対応なのでゲーム機にもばっちりです!
ワンクリック!応援お願いします!
        
  • 1
  • 2
  • 3